海軍造船場の街、呉から見る歴史 ~大和ミュージアム~

旧日本軍の海軍の呉鎮守府があった街、広島の呉市。そこには、旧海軍の歴史の香りが漂っています。 軍事に興味のある人にとっては、呉に行かずしてミリオタ語れずといった、代表的な聖地です。 しかし、軍事関係に興味のない人でも、船のような大きな建造物を見て思わず感嘆の声を上げる人も多いでしょう。 そんな広島、呉市を象徴するのが、「大和ミュージアム」です。 大和は、言わずと知れた旧海軍の象徴ともいえる戦艦です。「宇宙戦艦ヤマト」の、ヤマトは、この大和から来ています。 ミュージアムの中に入ってみると、巨大な戦艦がお出迎え。通称、大和ひろばともよばれるここには、戦艦大和の1/10モデルが展示されています。 1/10ですが、その巨大さには圧巻の一言! しかも1/10に縮小した「本物の船」であり、実際に海に浮かべて移動してきたそうです。 そのほかにも、大和の歴史や呉、昔の日本の歴史にも触れられる。とても濃厚な科学館です。

もっとニッチな人には、江田島にある海軍兵学校へ!

大和ミュージアムじゃあ、満足できない! そんな方は、江田島にある海上自衛隊第一術科学校に行きましょう。 海上自衛隊の学校にいって何するの? と、不思議がられる方がいるかもしれませんが、ここは昔に海軍の兵学校として使用されており、旧海軍の歴史的な資料が展示されていて、それらが一般公開がされています。 大和ミュージアム以上に、濃厚な資料が展示されています。海底から引き揚げられた戦艦陸奥の菊花紋章や実際に使われていた魚雷などなど。 そして、とても貴重で、そしてとても心にうたれるのが、神風特攻隊の方々の遺書です。 それらを見ていると、彼らが何を思って、不条理なことに向き合っていったのかが、読み取れてきます。 こちらの海軍兵学校は、案内員の方々にしたがって、閲覧していきます。 実際に、まだ海上自衛隊の学校としても使用されている場所なので、勝手に行動せず、粗相のないように注意してください。